あぜ道のダンディ

平成ニッポンにおける50歳の男のダンディズムをユーモラスに描いたドラマ

あぜ道のダンディ [DVD]

あぜ道のダンディ

2011年 日本 110分

監督:

石井裕也

配給:

ビターズ・エンド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2011-06-18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

宮田淳一と友人・真田、13歳。自転車であぜ道を走り、時にイジメられ、「カッコいい男になりたい」と涙をこぼす……サエない毎日。そして、ふたりは50歳になった。宮田(光石)は妻を早くに亡くし、ふたりの子どもと暮らしている。子どもたちとの会話はいつもかみ合わない。中卒で静かに配送業をこなす宮田の毎日。楽しみは仕事帰りに真田(田中)と居酒屋でひっかけるビール。ある日、宮田は自分を胃ガンなのだと思いこむ。こんなこと、真田にしか相談できない。子どもたちに弱音など吐くものか。だって俺は「カッコいい男」なのだから…。

『川の底からこんにちは』で2010年度ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(27歳)で受賞した石井裕也が、平成ニッポンにおける50歳の男のダンディズムを涙ぐましくもユーモラスに描いたドラマ。日本映画界の名バイプレイヤー光石研が、デビュー作『博多っ子純情』以来33年ぶりの主演に挑み、真田を演じる田口トモロヲと絶妙な掛け合いを見せる。また、森岡龍、吉永淳ら若手から、岩松了、西田尚美、藤原竜也といったベテランまで豪華なメンツが集結する。

監督:石井裕也、出演:光石研,田口トモロヲ,森岡龍