ばぁちゃんロード

文音×草笛光子W主演、結婚を間近に控えた孫娘と祖母の絆を描いたドラマ

ばぁちゃんロード

ばぁちゃんロード

2018年 日本 89分

監督:

篠原哲雄

配給:

アークエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://baachan-road.com/

公開日:2018-04-14

2018年4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの
友達・大和(三浦)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛)のもとへ出向く。夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった…。

結婚を間近に控えた孫娘が、足を怪我して施設で暮らす祖母とバージンロードを歩くため、リハビリを重ねて奮闘する姿を描いたハートウォーミングドラマ。根っからのばぁちゃんっ子で、真っ直ぐに目標へ向かう純粋な孫娘・夏海を文音が演じ、施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母・キヨを草笛光子が演じる。ほかに、夏海の婚約者に三浦貴大、キヨが暮らす施設でリハビリ治療を行う理学療法士に桜田通、また夏海の優しい父役を鶴見辰吾が演じる。監督は、『月とキャベツ』『花戦さ』の篠原哲雄。

監督:篠原哲雄、出演:文音,草笛光子,三浦貴大

予告編・特報