バグダッド・スキャンダル

国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス

バグダッド・スキャンダル

バグダッド・スキャンダル

BACKSTABBING FOR BEGINNERS 2018年 デンマーク/カナダ/アメリカ

配給:

アンプラグド

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://baghdad-s.com/

公開日:2018-11-03

2018年11月3日(土)シネマカリテほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配るというプロジェクトだ。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が関わっていることが判明。やがて世界に例を見ない巨額の汚職事件に発展していく。

元国連職員のマイケル・サウサンが自身の体験を基に書き起こした2008年のベストセラー小説
「Backstabbing for Beginners」を映画化。困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油・食料交換プログラム」の裏で行われていた国連史上最悪のスキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス。主演のマイケル役には『ダイバージェント』シリーズに出演し、本作ではエグゼクティブ・プロデューサーも兼務するテオ・ジェームズ。脇を固めるのは『ガンジー』のベン・キングズレー、『ブリット』のジャクリーン・ビセットといった名優たち。監督は『ストックホルムでワルツを』のペール・フライが務める。

監督:ペール・フライ、出演:テオ・ジェームズ,ベン・キングズレー,ジャクリーン・ビセット、

予告編・特報