バンコクナイツ

日本人向け歓楽街で働くタイ人娼婦と、元自衛隊員の失われた愛を巡る物語

バンコクナイツ

バンコクナイツ

BANGKOK NITES 2016年 日本/フランス/タイ 182分

監督:

富田克也

配給:

空族

ジャンル:

ドラマ

劇場公開日:2017-02-25

2017年2月25日 ( 土 ) テアトル新宿ほか全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店でNO.1のラックは、ある晩、謎の裏パーティーで昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイ県から出稼ぎに来たばかりのラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲで小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される。かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが。古来、国境紛争に翻弄され続けたイサーン。物語は、その雄大な“イサーンの森”の闇の奥へと潜行し、舞台はやがて秘境ラオスへと、カメラはかつてインドシナを深く抉ったベトナム戦争の癒えぬ傷を映しはじめる。

ベトナム戦争の傷跡が色濃く残る東南アジア、タイ・ラオスを舞台に、日本人向け歓楽街で働くタイ人娼婦と、元自衛隊員の失われた愛を巡る物語。監督は、『サウダーヂ』の富田克也。

監督:富田克也、出演:スベンジャ・ポンコン,スナン・プーウィセット,チュティパー・ポンピアン

予告編・特報