告白小説、その結末

ロマン・ポランスキー監督がふたりの女性を主人公に据えて描く極上ミステリー

告白小説、その結末

告白小説、その結末

D'APRÈS UNE HISTOIRE VRAIE / BASED ON A TRUE STORY 2017年 フランス/ベルギー/ポーランド

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kokuhaku-shosetsu.jp

公開日:2018-06-23

2018年6月23日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、スランプに陥っているデルフィーヌの前に、ある日、熱狂的なファンだと称する聡明で美しい女性エルが現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられるデルフィーヌは、献身的に支えてくれて、本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。まもなくふたりは共同生活を始めるが、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄する。はたしてエルは何者なのか?なぜデルフィーヌに接近してきたのか?やがてエルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意するが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた……。

『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』『テス』『戦場のピアニスト』『ゴーストライター』など半世紀以上にもわたって観る者を魅了し続けているロマン・ポランスキーが、初めてふたりの女性を主人公に据えて描いた極上ミステリー。フランスで最も権威ある文学賞の1つであるルノドー賞を受賞した作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を映画化。スランプに陥ったベストセラー作家と、その前に現れた聡明で美しい女性の関係性を、繊細かつ大胆に描き出す。主演は、監督の妻で創作上のミューズでもあるエマニュエル・セニエと、『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーン。

監督:ロマン・ポランスキー、出演:エマニュエル・セニエ,エヴァ・グリーン

予告編・特報