美女と野獣 ディズニー デジタル 3D

映画史に輝く不滅のラブ・ストーリーが、デジタル3Dとなり再登場

美女と野獣 ディズニー デジタル 3D

美女と野獣 ディズニー デジタル 3D

BEAUTY AND THE BEAST アメリカ 84分

声の出演:

ペイジ・オハラロビー・ベンソン伊東恵里(日本語吹替版)、山寺宏一(日本語吹替版)

配給:

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

ジャンル:

3Dアニメーション/アニメ

公式サイト:

http://Bijo-Yaju.jp

公開日:2010-10-09

2010年10月9日(土)全国のTOHOシネマズ、シネマイクスピアリ他にて3D限定公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

魔法によって、世にも恐ろしい姿に変えられてしまった野獣。魔法のバラが散る前に誰かを心から愛し、そして心から愛されなければ、彼は永遠に元の美しい姿に戻ることができなくなる。心を閉ざし、絶望の日々を送る野獣だったが、彼の前に美しく可憐な娘ベルが現れた時、運命は大きく動き始める…。

アニメーション映画として初めてアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされた傑作アニメ『美女と野獣』のデジタル3D版。真実の愛を描く感動のストーリーをはじめ、ユニークなキャラクターたちによる愉快なエピソードの数々、そして1991年の公開当時、コンピュータ・グラフィックス界にセンセーションを巻き起こしたボールルームのダンス・シーンなどが臨場感たっぷりの3D映像で復活する。

監督:ゲイリー・トゥルースデイル,カーク・ワイズ、出演:ペイジ・オハラ,ロビー・ベンソン,伊東恵里