ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

デヴィッド・ボウイの盟友ミック・ロンソンの人生を綴ったドキュメンタリー

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

BESIDE BOWIE : THE MICK RONSON STORY 2017年 イギリス 104分

配給:

パルコ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2019-03-08

2019年3月8日(金)、渋谷・シネクイントほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

デヴィッド・ボウイの名を世界に知らしめたアルバム「世界を売った男」「ハンキー・ドリー」「ジギー・スターダスト」、そして全英チャート1位を記録した「アラジン・セイン」などを築き上げた、ボウイのバック・バンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリスト、ミック・ロンソン。モット・ザ・フープルにも一時在籍、他にもルー・リードやリッチ・キッズ、モリッシーらのアルバムをプロデュースするなど、縁の下の力持ちのようにロック界を支えたギタリストだ。だが、数々の華やかなヒット作にもかかわらずミック・ロンソンは常に一歩引いたところに存在し、表舞台に出ることは無かった。その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなく1993年にこの世を去った男の軌跡とは…。本作では、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リード、セックス・ピストルズのグレン・マトロック、そしてクイーンのロジャー・テイラーといったロック界の重鎮たちからの貴重な証言とミックの妻スージーが管理する貴重なアーカイヴ映像の数々をもとに、天才ギタリストの知られざる人生と、その音楽界にもたらした多大な貢献を綴る。

監督:ジョン・ブルーワー、出演:ミック・ロンソン,ルー・リード,グレン・マトロック

予告編・特報