だれもがクジラを愛してる。

アラスカの氷海に閉じ込められたクジラ救出の実話を映画化したヒューマンドラマ

だれもがクジラを愛してる。

だれもがクジラを愛してる。

BIG MIRACLE 2012年 アメリカ 107分

配給:

東宝東和

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://love-whale.jp/

公開日:2012-07-14

2012年7月14日(土)、TOHOシネマズ シャンテ他順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1988年10月、アラスカの地方テレビ局でリポーター兼ディレクターのアダム(J.クラシンスキー)は、バロー岬沖の氷上で、小さな穴から息苦しそうにして頭を出す3頭のクジラを発見し、それをニュースにして流すと、またたく間に全米で注目を浴びることとなる。アダムの元恋人で環境保護団体職員のレイチェル(D.バリモア)は、環境破壊の首謀者と言われている石油会社の社長にクジラ救出を要請し、州兵部隊司令官スコット大佐(D.マローニー)のもと救出作戦が開始される。さらに、さまざまな思惑を持った人々が救出活動に参加し、それは全米から世界へ報道され、クジラ救出騒動は政府や冷戦中のソ連までをも巻き込んでいく…。

1988年10月にアラスカの氷海に閉じ込められた3頭のクジラ救出の実話を、当時この事件に関わったジャーナリストが書いた原作「Freeing the Whales」を基に映画化。クジラ救出劇に関わった人々の人間模様と思惑、クジラとのつながり、そしてそれを見守った世界中の人々を繋げたヒューマンドラマ。出演は、情熱的なグリーンピース職員・レイチェル役にドリュー・バリモア、レイチェルの元恋人・アダム役には『恋するベーカリー』のジョン・クラシンスキー。監督は『旅するジーンズと16歳の夏』『そんな彼なら捨てちゃえば?』ケン・クワピス。

監督:ケン・クワピス、出演:ドリュー・バリモア,ジョン・クラシンスキー,ダーモット・マローニー