ビリオネア・ボーイズ・クラブ

80年代LAに実在した男性限定社交クラブが引き起こした欲望まみれのスキャンダル

ビリオネア・ボーイズ・クラブ

ビリオネア・ボーイズ・クラブ

BILLIONAIRE BOYS CLUB 2017年

配給:

プレシディオ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://bbc-movie.jp/

公開日:2018-11-10

2018年11月10日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョー(A・エルゴート)とプロテニス選手のディーン(T・エガートン)は、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ディーンは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をジョーに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだったー。

1980年代初頭ロサンゼルスを舞台に、実在した投資グループ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」が引き起こした欲望まみれのスキャンダルを描くクライム・サスペンス。メインキャストに、『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン。ウォール街でも名を馳せた敏腕トレーダーのロン役にケビン・スペイシー。クラブハウスで芸術家の助手として働き、ジョーと恋に落ちるシドニーをエマ・ロバーツが演じる。

監督:ジェームズ・コックス、出演:アンセル・エルゴート,ケビン・スペイシー,タロン・エガートン

予告編・特報