映画 ビリギャル

有村架純主演。奇跡の実話を映画化した、笑って泣ける青春サクセスストーリー

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション

映画 ビリギャル

2015年 日本 117分

監督:

土井裕泰

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://www.birigal-movie.jp

公開日:2015-05-01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母は、さやかに塾へ通うことを提案。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。金髪パーマ、厚化粧にピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに面食らう坪田だったが、本当は素直な性格だとすぐに気付き、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに。しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやかだが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母の為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていく…。

2014年、年間ベストセラー第4位に輝き、金髪ギャルの表紙が書店で印象的だった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が、有村架純を主演に迎え、実写映画化。人間のクズと罵られていた女の子が、ひとりの塾講師に出会い、多くの障害を乗り越えて夢へと突き進む姿とともに、崩壊寸前だった家族の絆を取り戻していく姿を描く。メガホンをとるのは、『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』など数々のヒット作を生み出している土井裕泰。脚本は『テルマエ・ロマエ2』の橋本裕志。

監督:土井裕泰、出演:有村架純,伊藤淳史,野村周平