苦い銭

ワン・ビン監督、中国・湖州を舞台に現在の中国の側面を描き出すドキュメンタリー

苦い銭

苦い銭

BITTER MONEY / 苦銭 2016年 フランス/香港 163分

配給:

ムヴィオラ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2018-02-03

2018年2月3日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

『三姉妹 雲南の子』『収容病棟』などで世界的に高い評価を受けるドキュメンタリー作家ワン・ビン監督が、2016年ヴェネチア映画祭で発表し、ヒューマンライツ賞のほか、ドキュメンタリーであるにも関わらず、群像劇のような見応えから脚本賞(オリゾンティ部門)を受賞した話題作。こんな会話や表情が、なぜ撮れる?と常に観客を驚かせ、カメラの存在を消す天才監督と言われるワン・ビン監督の真骨頂といえる作品。今回、監督のカメラが捉えたのは、出稼ぎ労働者が住民の80%を占める街・湖州で働く人々。14億が生きる巨大中国の片隅で、1元の金に一喜一憂する彼らを追いながら、現在の中国の側面を描き出す。

監督:ワン・ビン、出演:

予告編・特報