ブレードランナー 2049

SF映画の金字塔『ブレードランナー』34年ぶりの続編

ブレードランナー 2049

ブレードランナー 2049

BLADE RUNNER 2049 2017年 アメリカ

製作総指揮:

リドリー・スコット

配給:

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ジャンル:

SF

公開日:2017-10-27

2017年10月27日(金)全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”は労働力として生産され、人間社会と危うい共存関係にあった。ロサンゼルス市警のブレードランナー“K”は、人類への反乱を目論み、社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントの“処分”任務にあたっていた。そんな最中、Kはレプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレスの<巨大な陰謀>を知る。そして、人類存亡に関わるその陰謀を暴く鍵となる一人の男の存在にたどり着く。その男こそ、30年前、恋人である女性レプリカントと共に姿を消したかつてのブレードランナー“デッカード”だった。 彼が命をかけて守り続けた<秘密>とはいったい何なのか? 30年のときを経て、封印された<衝撃の真実>が明らかになる。

SF映画史上最高傑作として語り継がれる『ブレードランナー』(82)の34年ぶりとなる続編。前作の舞台である2019年から30年後の世界を舞台に、ロサンゼルス市警の“ブレードランナー”Kが、レプリカント(人造人間)に纏わる巨大な陰謀に迫る。“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナー”K をライアン・ゴズリングが熱演。前作のメガホンをとったリドリー・スコットは製作総指揮を、そして『メッセージ』でアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督をつとめる。

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ、出演:ライアン・ゴズリング,ハリソン・フォード,ロビン・ライト

予告編・特報