ボヘミアン・ラプソディ

世界的人気を誇るロックバンド クイーンの知られざる真実

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

BOHEMIAN RHAPSODY 2018年 アメリカ 80分

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-11-09

2018年11月9日(金)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1970年ロンドン。複雑な生い立ちや、容姿のコンプレックスを抱える若者フレディ・マーキュリーは、昼は空港で働き、夜はライヴ・ハウスに入り浸っていた。ある時、ギタリストのブライアン・メイと、ドラマーのロジャー・テイラーのバンドのヴォーカルが脱退したと知り、自らを売り込む。最初は相手にしなかった二人だが、突然歌い出したフレディの声を聞いて、一瞬で心を奪われるのだった。1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入し、フレディのアイデアでバンド名は“クイーン”に決まり、4人はアルバムを制作する。そんな中、フレディはメアリー・オースティンと出会い、ひと目で恋に落ち、プライベートでも胸躍る日々を送っていた。やがて、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、名曲が次々に生み出されていく。数々のヒット曲を放ち、一躍世界的な大スターとなったクイーン。しかし、栄光の影でフレディはメンバーと対立し、メディアにスキャンダルを書き立てられ、孤独を深めていく…。

ワンフレーズを耳にすれば思わず心が躍りだす名曲で、世界中を魅了する伝説のバンド〈クイーン〉。そのリード・ヴォーカルにして、史上最高のエンターテイナーと讃えられたフレディ・マーキュリーの生き様を映し出すミュージック・エンターテイメント。主人公のフレディ・マーキュリーを演じるのは、『Mr.Robot/ミスター・ロボット』でエミー賞受賞俳優のラミ・マレック。監督は『X-MEN』シリーズ、『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー。クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務める。

監督:ブライアン・シンガー、出演:ラミ・マレック,ジョー・マッゼロ,ベン・ハーディ

予告編・特報