ぼくが処刑される未来

「仮面ライダーフォーゼ」の福士蒼汰×吉沢亮共演で贈るSFサスペンス

ぼくが処刑される未来

ぼくが処刑される未来

2012年 日本

監督:

小中和哉

配給:

東映

ジャンル:

SF

公開日:2012-11-23

2012年11月23日(金・祝)公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大学生の浅尾幸雄(福士)は、世間や他人に無関心でただ漠然と毎日を過ごしていた。ある夜、不意に天空からの眩い光に包まれると、次の瞬間、取調室で身柄を拘束されていた。容疑は殺人。まったく身に覚えのない容疑に対して必死に抵抗する幸雄の前に、担当弁護士の紗和子(関)が現れる。彼女によると、幸雄がいるのは25年後の未来。凶悪犯罪者を過去から連行して処刑する《未来犯罪者消去法》によって公開処刑されるために連行されたのだという。こうして、未遂の罪によって投獄された幸雄の闘いが始まる。量子コンピュータ《アマテラス》という国民管理システムに支配された未来社会。幸雄を脱獄させようとする天才ハッカー・ライズマン(吉沢)。それぞれの思惑が交錯するドラマは予想のつかない結末へと走り出す―。

“若手俳優の登竜門”として名高い「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズ。その出演者たちが“スーパーヒーロー”としての仮面を脱ぎ捨て、次なるステージに挑むべく始動した「TOEI HERO NEXT」。「仮面ライダーオーズ」編として華々しいスタートを飾った第1弾「PIECE ~記憶の欠片~」に続く第2弾は、大人気を博した「仮面ライダーフォーゼ」編。「フォーゼ」主人公を演じる福士蒼汰とメテオ役の吉沢亮共演で、25年後の未来を舞台に、未遂の罪によって投獄された男と、彼を脱獄させようとする天才ハッカーの運命を描く。

監督:小中和哉、出演:福士蒼汰,吉沢亮,関めぐみ