僕の中のオトコの娘

女装に目覚めた一人のオトコの娘の成長を描いた異色青春ムービー

僕の中のオトコの娘

僕の中のオトコの娘

2012年 日本 100分

監督:

窪田将治

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://www.boku-naka.com

公開日:2012-12-01

2012年12月1日(土)より銀座シネパトスほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大学卒業後すぐに就職するも、会社や同僚に上手くなじめず半年で退社し、ひきこもって早5年の足立謙介(川野)。ある日ネットサーフィンしていた謙介は、女装を好む男性、通称・女装娘(じょそこ)が集まるサイトに辿り着く。自慢の女装姿を恥ずかしげも無く人目に晒している女装娘たちを最初は軽蔑していた謙介だが、心の奥底ではそんな女装娘が気になり始め、度々サイトを覗くうちに、カリスマ的存在の女装娘・カレンとメールで交流することに。そして5年振りに家を出て女装バーに通い、別世界の住人たちと酒を飲み、語らい始めた謙介。女装と出会った事で社会復帰の第一歩を踏み出したかのように思えたのだが…。

ゲイでもオカマでもない、性的趣向とは関係なく趣味や選択として男子が女子の格好をする、女装娘。本作は、社会に馴染めず引きこもりになった男の子が、別世界の住人たちと触れ合うことで成長していく姿を描いた異色青春映画。主人公・謙介には、『踊る大捜査線』シリーズや『ランデブー!』の川野直輝。謙介の母親代わりの姉役に『パッチギ~LOVE&PEACE』の中村ゆり。謙介の父親役にベンガル。ほかに、草野康太、河合龍之介、木下ほうか、柳憂怜、内田朝陽が脇を固め、馬場良馬が友情出演するなど、個性豊かな面々が集結する。監督は、『スリーカウント』の窪田将治。

監督:窪田将治、出演:川野直輝,中村ゆり,草野康太