僕等がいた 後篇

累計1000万部突破の人気コミックを生田斗真&吉高由里子W主演で映画化

僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [DVD]

僕等がいた 後篇

2012年 日本 121分

監督:

三木孝浩

配給:

東宝/アスミック・エース

ジャンル:

ラブロマンス

公式サイト:

http://bokura-movie.com

公開日:2012-04-21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

北海道釧路。高2の新学期。七美はクラスの女子のほとんどが好きになる人気者・矢野にいつしか惹かれていた。矢野の親友・竹内から、矢野が死別した年上の恋人・奈々との過去を引きずっていると聞き、思い悩む七美だが、矢野への想いがおさえきれなくなり、生まれて初めての告白。一途な想いを貫く七美に対し、矢野は少しずつだが心を開いていった。しかし奈々の妹・有里の存在が、ふたりの間に立ちふさがる。互いに想いをぶつけ合い傷つきながらも、ついに未来を誓いあったふたり。しかし、幸せな日々もつかの間、矢野は東京へ転校することに…。6年後、東京。大学を卒業し出版社で忙しい日々を送る七美。七美のそばには、彼女を見守り支え続けてきた竹内の姿が。ある日、七美の出版社の同僚で、矢野の転校先の同級生だった千見寺から、矢野を目撃したと告げられる…。

2002年の連載開始以降、熱狂的な支持を受け、少女コミックとしては驚異の累計発行部数1,000万部(1巻~15巻)を誇る小畑友紀による原作を映画化。北海道と東京を舞台に、主人公・矢野と七美の10年以上にわたる純愛ストーリーを【前・後篇】で描く。主人公・矢野元晴役に、生田斗真。矢野を一途に想い続ける高橋七美役に、吉高由里子。主題歌をMr.Childrenが前後篇それぞれに書き下ろす。監督は、『ソラニン』『管制塔』の三木孝浩監督。

監督:三木孝浩、出演:生田斗真,吉高由里子,高岡蒼甫