ボクの妻と結婚してください。

織田裕二&吉田羊共演、余命宣告を受けた男が、家族に贈る「人生最期の企画」

ボクの妻と結婚してください。 DVD(2枚組)

ボクの妻と結婚してください。

2016年 日本 114分

監督:

三宅喜重

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://bokutsuma-movie.com/

公開日:2016-11-05
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

12本ものレギュラーを抱える放送作家の三村修治は、ある日、末期のすい臓がんで余命6か月という診断を下される。1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。 だが。どうも面白くない。 放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。 家族に遺せる『最期の企画』。 現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。 そして気丈そうに見えてもろいところがある。 何とかして笑顔にしてあげられないか? 見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。修治は、自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるようにと、 『妻の結婚相手を探そう!』と奔走し始める…。

テレビ業界の第一線で働く敏腕放送作家が、余命宣告を受け、愛する家族の未来のために残された時間を使って妻の『最高の結婚相手』を探しだす姿を描いたドラマ。主人公・三村修治には織田裕二。修治の妻、三村彩子役に吉田羊。さらに、修冶の見初めた『結婚相手』伊東正蔵役を原田泰造。そして、元敏腕リサーチャー、現在は結婚相談所を経営する修治の良き理解者、知多かおり役を高島礼子が演じる。 脚本は『電車男』『陰日向に咲く』『ヘルタースケルター』など話題作を手掛けた金子ありさが担当。メガホンを取るのは『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』の三宅喜重監督。

監督:三宅喜重、出演:織田裕二,吉田羊,原田泰造