ブリグズビー・ベア

25年ぶりに“外の世界”を知った主人公を描いたハートウォーミングストーリー

ブリグズビー・ベア

ブリグズビー・ベア

BRIGSBY BEAR 2017年 アメリカ 97分

配給:

カルチャヴィル

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-06-23

2018年6月23日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の世界の研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていた。しかしある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう…。突如、外の世界で暮らすことになったジェームス。教育番組「ブリグズビー・ベア」から得た知識だけで育った彼の「常識」が、周囲の人間を騒動に巻き込んでいく…

第33回サンダンス映画祭(2017年)でUSドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的なキャラクターと興味深いストーリーで話題をさらったハートウォーミング・ドラマ。監督・脚本・主演は、「サタデー・ナイト・ライブ」で大活躍し、YouTubeでチャンネルが大人気のコメディユニット〈GOOD NEIGHBOR〉のメンバーでもあるデイヴ・マッカリー(監督)、ケヴィン・コステロ(脚本)、コメディアンのカイル・ムーニー(脚本・主演)。ジェームスの育ての親テッドに『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーにドラマ「HOMELAND」のクレア・デインズ。そして「サタデー・ナイト・ライブ」のベック・ベネット、ニック・ラザフォード、アンディ・サムバーグなどがカメオ出演している。

監督:デイヴ・マッカリー、出演:カイル・ムーニー,マーク・ハミル,グレッグ・キニア

予告編・特報