文福茶釜

黒川博行原作の古美術ミステリーを映画化した、欲望渦巻く人間ドラマ

文福茶釜 [DVD]

文福茶釜

2018年 日本

監督:

大畑拓也

配給:

KATSU-do

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-10-20
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

骨董ディーラーを生業とする佐保(駿河)は、相棒の涼香(小芝)と共に、とある山あいにある蔵屋敷を訪れる。家主の留守中、老婆が一人でいたところを大阪民具研究会なる初出し屋に狙われ、亡き亭主が大事にしていた茶釜をだまし取られてしまったという。その茶釜は芦屋釜といい、元禄享保のころからの天下の名物で、本物なら価値は500万円を下らない!何も知らない老婆をだまし討ちにした、初出し屋のやりくちに激怒した佐保と涼香は、上司の菊池(赤井)も交えて茶釜の奪還を計画。しかし茶釜はすでに売り捌かれ、思いもかけず奪還不可能な状況に…。そこで、贋作の掛け軸を初出し屋に真筆として売りつけ、茶釜の価値以上の金額をだまし取ることを思いつく。果たして、騙しだまされの化かしあいに、佐保は勝てるのか?!

美大出身で、高校の美術教師を10年務めた直木賞受賞作家・黒川博行が、その豊富な知識をベースに作った古美術ミステリーの世界を映像化。関西を舞台に繰り広げられる、男たちの騙し合いを描く。主人公の骨董ディーラーに扮するのは、個性派俳優としても評価の高い駿河太郎。映画・ドラマ・舞台と多岐にわたり活躍が続く期待の若手女優、小芝風花がキュートな相棒を好演し、コミカルな掛け合いで最高のコンビネーションを見せる。普段知ることのできない「贋作作り」の裏側をリアルに描くほか、時価総額1億円以上の美術品を集めて撮影をしており、登場する美術品も見どころのひとつ。

監督:大畑拓也、出演:駿河太郎,小芝風花,赤井英和