爆裂魔神少女 バーストマシンガール

片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”の、血みどろの戦い

爆裂魔神少女 バーストマシンガール

爆裂魔神少女 バーストマシンガール

2019年 日本 76分

監督:

小林勇貴

配給:

アルバトロス・フィルム

ジャンル:

アクション

公式サイト:

http://burstmachinegirl.com

公開日:2019-11-22

2019年11月22日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿他ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

無法地帯のスラム街『イシナリ地区』。正義も秩序もないその街は、臓器売買の元締め『ダルマ屋』が支配し、貧乏人は肉体を切り売りしながら、何とか食い扶ちを稼いでいる。幼い頃、親に身体を売られた姉妹のアミとヨシエは、ゴダイ一座の見世物小屋でアイドルとして舞台に立ちながら、助け合って生きていた。その見世物小屋にある日、流れ者のマツカタがワラジを脱ぐ。その正体は、『殺し屋協会ランキング5位』の凄腕殺し屋。ヨシエはアミには内緒で、失った片腕にマシンガン義手を装着し、ダルマ屋の女ボス青山ダルマに復讐を考えていた。臓器売買の現場に乗りこんだヨシエは、ダルマの息子カルマを半殺しにする。だが、激怒したダルマは、改造人間兵器『ドリルブラシスターズ』を放ち、激闘の末、ヨシエはダルマ屋に囚われてしまう。知らせを聞いたアミは救出に駆けつけるが、ダルマ一味に捕まり、片腕を切断されてしまった。ダルマはゴダイ一座を皆殺しにするため、『殺し屋協会ランキング1位』の橘キキョウ(北原里英)を送り込む─。

井口昇監督『片腕マシンガール』(2008)をもとに、新しいストーリーと世界観で描くリブート作品。近未来、異形の者たちが跋扈する日本のスラム街を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”の、血みどろの戦いを描いたバイオレンス・アクション。2人の『マシンガール』アミとヨシエ役には、ドラマ「下町ロケット」「3年A組‐今から皆さんは人質です‐」の搗宮姫奈と、「仮面ライダー鎧武/ガイム」の花影香音。流れ者の殺し屋マツカタを演じたのは『RE:BORN リボーン』の坂口拓。マツカタと対決する殺し屋キキョウには北原里英。監督は、『孤高の遠吠』『全員死刑』の小林勇貴。

監督:小林勇貴、出演:搗宮姫奈,花影香音,坂口拓

予告編・特報