カメリア

「釜山」と「愛」をテーマにした、行定勲ら3監督によるオムニバス映画

カメリア

カメリア

2011年 韓国 143分

監督:

行定勲(Kamome)、ウィシット・サーサナティアン(IRON PUSSY)、チャン・ジュナン(LOVE FOR SALE)

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公開日:2011-10-22

2011年10月22日(土)新宿バルト9他ROADSHOW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

映画の撮影で釜山にやって来たパク・ヨンス(ソル・ギョング)は大御所の撮影監督。わがまま女優にうんざりしながら撮影していた彼は、ふと、カメラの向こうに人影を見て中断してしまう。機嫌を損ねた女優によってその日の撮影は中止。ヨンスは後輩を誘って飲み屋に繰り出すが、雑踏で靴を履かずに町を漂う少女(吉高)とすれ違う。再び少女に出会ったヨンスは彼女を店に招き入れ、彼女のために靴を買いに走る。カモメと名乗るその少女が気になって仕方がない彼は結局、一晩中、少女と一緒に釜山の町を歩き回り、夜の海に向うが…。(「Kamome」)

韓国の釜山国際映画祭と、開催地の釜山広域市で始まった〈釜山プロジェクト〉の一環として製作されたオムニバス映画。「釜山」と「愛」をテーマに、タイの監督ウィシット・サーサナティアン、日本の行定勲、韓国のチャン・ジュナンら個性の違った3監督が、それぞれの釜山をスクリーンに映し出す。出演は、行定勲監督作品「Kamome」にソル・ギョングと吉高由里子。『地球を守れ!』のチャン・ジュナンがメガホンをとる「LOVE FOR SALE」にカン・ドンウォンとソン・へギョ。

監督:行定勲,ウィシット・サーサナティアン,チャン・ジュナン、出演:ソル・ギョング,吉高由里子,ミシェル・シャオワナサイ