キャノンフィルムズ爆走風雲録

80年代ハリウッドに大旋風を巻き起こした映画製作者のドキュメンタリー

キャノンフィルムズ爆走風雲録

キャノンフィルムズ爆走風雲録

THE GO-GO BOYS: THE INSIDE STORY OF CANNON FILMS – GOLAN/GLOBUS 2014年 イスラエル 89分

配給:

東京テアトル/日活

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2015-11-21

2015年11月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

映画会社「キャノンフィルムズ」を率いて、80年代ハリウッドに大旋風を巻き起こしたイスラエル出身の従兄弟メナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス。映画監督でもあるメナヘムとプロデューサーとして高い資質を持つヨーラムのコンビは、低予算のジャンルムービーを次々に製作し、『デルタ・フォース』『暴走機関車』そして『狼よさらば』シリーズなど、当時のメジャー映画会社を超える制作本数でヒットを量産。巨万の富を稼ぎ、一時代を築いていく。その一方で、ゴダールやカサヴェテスなど商業主義とは一線を画す映画作家たちの映画へも出資するなど、映画の道の全方位へとふたりは突き進んだ。しかし、情熱で始めた映画は、やがて大きな資本の流れにまみれ、ふたりの関係にも亀裂が入っていくこととなる…。

2014年8月に逝去したメナヘム・ゴーランと、従兄弟ヨーラム・グローバスのキャリアと、情熱、愛情の全てを映画にそそいだふたりの友情、確執と離縁、そして融和を描いたドキュメンタリー。

監督:ヒラ・メダリア、出演:メナヘム・ゴーラン,ヨーラム・グローバス,シルヴェスター・スタローン