存在のない子供たち

中東の社会問題を、12歳の少年の目線で映し出した衝撃作

存在のない子供たち

存在のない子供たち

CAPHARNAÜM 2018年 レバノン/フランス 125分

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sonzai-movie.jp/

公開日:2019-07-20

2019年7月20日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

中東の貧民窟で両親と多くの兄弟姉妹と暮らす12歳のゼインは、貧しい両親が出生届を提出していないため、IDを持っていない。ゼインには11歳の仲良しの妹がいるが、知り合いの年上の男性と強制結婚させられてしまう。それに反発したゼインは家出し、仕事を探そうとするが、IDがないので仕事に就けない。沿岸部のある町のレストランで働くエチオピア移民の女性と知り合う。彼女には赤ん坊がいたが、国外退去を免れるため、赤ん坊の存在を隠していた。ゼインは赤ん坊の世話をしながら、一緒に暮らし始める。しかしその後、家に戻ったゼインは強制的に結婚させられた妹が病院で亡くなったことを知り、ナイフを持って妹の夫の家に向かう。ゼインは妹の夫を刺した罪で逮捕される。その裁判でゼインは「最低限の暮らしと安全と愛情を与えることができないなら子供を産むな」と両親を訴える―。

第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門〈審査員賞〉〈エキュメニカル審査員賞〉を受賞、ゴールデン・グローブ賞&アカデミー賞〈外国語映画賞〉にノミネート。中東の貧困、移民などの社会問題を、12歳の少年ゼインの目線で映し出した衝撃作。メガホンをとったのは、『キャラメル』で監督・脚本・主演の一人三役を果たし、カンヌ国際映画祭の初上映で話題をよび多くの映画賞を受賞したナディーン・ラバキー監督。主人公のゼインを始め、キャスティングの多くは同じような境遇の人々が集められ、映画と同じような状況下で暮らしている人々が演じている。

監督:ナディーン・ラバキー、出演:ゼイン・アル・ハッジ,ヨルダノス・シフェラウ,ボルワティフ・トレジャー・バンコレ

予告編・特報