チョコリエッタ

大島真寿美の青春小説を映画化、大人の一歩手前で戸惑う男女のひと夏の物語

チョコリエッタ

チョコリエッタ

2015年 日本 159分

監督:

風間志織

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ/青春

公開日:2015-01-17

2015年1月17日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

進路調査に「犬になりたい」と書いて担任から呼び出しをくらった知世子(森川)。幼稚園の夏休み、家族旅行の道中で事故に遭って母を亡くした知世子は、それ以後、愛犬のジュリエッタを心の支えにしていた。けれどそのジュリエッタも亡くなってしまい、からっぽの心に苛立ちだけがつのる16歳の夏。そんなある日、映画好きで変わり者の先輩、正宗(菅田)の強引な依頼で、彼が撮る映画の主人公になることに。不機嫌な知世子にカメラを向ける正宗。けれどカメラを通して話すうちに正宗もまた言葉にできない苛立ちを抱えていることを知る。まるで大人の世界から呪いをかけられたような共通の思いを抱えるふたりは、ここじゃないどこかを目指して映画を撮りながら旅に出ることを思いつく。笑ったり怒ったりいじけたり転んだり、ちぐはぐな少女と先輩が旅の終わりに見つけたものとは――。

大島真寿美の小説「チョコリエッタ」(角川文庫)を、『火星のカノン』『せかいのおわり』などで海外でも高い評価を受けている風間志織が映画化。大人になっていく未来に戸惑う少女と先輩が“ここじゃないどこかへ”旅に出るひと夏の青春を描く。主演は、雑誌「Seventeen」の人気モデルで、本作のためにベリーショートになって体当たりで挑んだ森川葵、そして『共喰い』『そこのみにて光輝く』などの若手実力派・菅田将暉。ほかに、市川実和子、村上淳、須藤温子、中村敦夫ら実力派が脇を固める。

監督:風間志織、出演:森川葵,菅田将暉,市川実和子