蝶の眠り

中山美穂主演、アルツハイマーを患う女流作家の純愛を描いたラブストーリー

蝶の眠り [Blu-ray]

蝶の眠り

2018年 日本/韓国 112分

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://chono-nemuri.com

公開日:2018-05-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山)。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界は混沌として交差して行き、二人も徐々に惹かれあっていくのだった。しかしアルツハイマーは容赦なく進行していく。愛と不安と苛立ちの中、涼子はチャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いはチャネには受け入れがたく、二人の気持ちはすれ違っていく...。

フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラスの晩年の恋を描いた『デュラス 愛の最終章』に着想を得て制作された珠玉のラブストーリー。遺伝性アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、5年ぶりの映画主演作となる中山美穂。韓国人留学生役には『コーヒープリンス 1 号店』のキム・ジェウク。メガホンをとったのは、『子猫をお願い』で鮮烈な長編映画デビューを果たした韓国屈指の女性監督、チョン・ジェウン。

監督:チョン・ジェウン、出演:中山美穂,キム・ジェウク,石橋杏奈

予告編・特報