最後の忠臣蔵

赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件で密かに生き残った2人の男の知られざる物語

最後の忠臣蔵 [DVD]

最後の忠臣蔵

2010年 日本 133分

監督:

杉田成道

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

ドラマ/時代劇

公式サイト:

http://www.chushingura.jp/

公開日:2010-12-18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

世の中を騒がせた赤穂浪士の討ち入りから16年。大石内蔵助以下四十七士が切腹し、事件は終わったと思われていた。しかし、一人だけ死ぬ事を許されず、密かにそして懸命に生き抜いた男がいる。寺坂吉右衛門(佐藤)は討ち入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助する大役を与えられていた。ある日、吉右衛門は、四十六士の十七回忌法要のため京へ向かう道すがら、討ち入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門(役所)を見かける。主君内蔵助への忠義の為に喜んで死ぬと誓った友が何故?それは16年経った今も解けない謎だったが、実は孫左衛門にもある使命が与えられていた。そこには大石内蔵助の隠し子、可音(桜庭)の存在があった―。

“忠臣蔵”として世に知られる赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件で、大石内蔵助率いる四十七士が切腹で主君に殉じた中、密かに生き残った2人の男の知られざる物語。主演の孫左衛門には役所広司、その無二の友・吉右衛門には佐藤浩市と、日本映画界を担う二大演技派俳優が競演。大石内蔵助の隠し子・可音に桜庭ななみが抜擢され、山本耕史、風吹ジュン、田中邦衛、伊武雅刀、笈田ヨシ、安田成美ほか、個性派が顔を揃える。監督は、テレビドラマ「北の国から」シリーズを手がけた名匠・杉田成道。

監督:杉田成道、出演:役所広司,佐藤浩市,桜庭ななみ