シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下

歌舞伎の舞台を撮影し、新たな映像作品として上映する シネマ歌舞伎

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下

2019年 日本 130分

配給:

松竹

ジャンル:

シネマ歌舞伎/舞台・演劇

公開日:2019-04-05

2019年4月5日 東劇・新宿ピカデリーほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

深い深い桜の森で男が出会ったのは美しく残酷な姫だった…。現代演劇界を代表する奇才 野田秀樹が坂口安吾の小説を下敷きに書き下ろした伝説の舞台『贋作・桜の森の満開の下』。1989年に"劇団 夢の遊眠社"により初演されて以来、安吾作品のエッセンスを随所に散りばめた壮大な戯曲、恐ろしいほど妖しく圧倒的に美しい世界感が多くの演劇ファンの心を奪い、常に上演を望む声が聞かれる作品。そんな伝説の舞台が、中村勘九郎、市川染五郎(現・松本幸四郎)、中村七之助出演の歌舞伎として生まれ変わり、シネマ歌舞伎として全国の映画館に登場。

監督:、出演:中村勘九郎,市川染五郎,中村七之助

予告編・特報