CMタイム

劇団キリン食堂の舞台劇を豪華キャストで映画化したエンターテインメント作品

CMタイム

CMタイム

2011年 日本 96分

配給:

トリプルアップ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2012-11-10

2012年11月10日(土)よりワーナー・マイカル・シネマズ板橋他、全国順次公開!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

広告代理店・電報堂の三上(豊原)は、タイガードリンクの新商品「9」のCMプランとして、3人のタレントの起用を提案した。その3人とは、演歌歌手の城之内つばめ(黒木)、ヒップホップスターのレオナルド八田(加藤)、時代劇俳優の大菩薩金五郎(中村)だった。宣伝部部長の高木(モト冬樹)は、城之内つばめの大ファン。一も二もなく、そのプランを採用する。ところが、城之内つばめと大菩薩金五郎は犬猿の仲。CM撮影日当日も2人は険悪な雰囲気で、三上やその部下の真理(本仮屋)は、さんざん振り回される。しかも、レオナルド八田の事務所問題も発覚し、撮影現場は大混乱となってしまう。果たして、その顛末とは?

劇団キリン食堂によって上演された舞台劇を、同劇団の主宰・劇作・演出の久保田誠二が脚本・演出を手掛け映画化。飲料メーカーの新製品のCM制作にあたる広告代理店社員と、CMに起用された3人のタレントたちが撮影現場で巻き起こす騒動を描く。演歌の女王・城之内つばめに黒木瞳が扮し、あでやかな和服姿と関西弁で、歌声も披露。広告代理店の社員役に豊原功補と本仮屋ユイカ、自称ブロードウェイ帰りのヒップホップスター・レオナルド八田には加藤和樹、大物時代劇俳優には中村嘉葎雄、スポンサーの部長にモト冬樹が扮し、それぞれがコミカルな演技を披露する。

監督:久保田誠二、出演:黒木瞳,豊原功補,加藤和樹