冷たい熱帯魚

『愛のむきだし』の園子温監督による、人間の狂気と極限の愛を描いた問題作

冷たい熱帯魚 [DVD]

冷たい熱帯魚

COLD FISH 2010年 日本 146分

監督:

園子温

配給:

日活

ジャンル:

バイオレンス

公式サイト:

http://www.coldfish.jp/

公開日:2011-01-29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

小さな熱帯魚屋を経営する社本信行(吹越)と妻の妙子(神楽坂)は、娘の美津子(梶原)がスーパーで万引きしたため、店に呼び出される。店長は美津子を警察へ突き出すと言うが、そこへ店長と知り合いの男、村田(でんでん)が救いの手を差し伸べる。村田は巨大熱帯魚屋、アマゾンゴールドのオーナーだった。帰り道、村田の店へと寄る3人。そこには村田の妻・愛子(黒沢)がいた。美津子は村田の勧めでアマゾンゴールドで働き始め、社本は強引に村田の“ビジネスパートナー”にさせられる。数日後、“儲け話”をもちかけられ、アマゾンゴールドに訪れた社本は、そこから予想もしなかった破滅へと引きずり込まれていく…。

国内外で高い評価を受ける『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、実際に起きた複数の連続猟奇殺人事件からインスパイアされて製作し、海外の映画祭で熱狂的に迎えられた問題作。家庭不和を抱えつつ、小さな熱帯魚屋を営む男が、同業者で人の良さそうな夫妻と出会ったことから、想像を絶する破滅の世界へ導かれていく様子を描き、「人間の狂気と極限の愛」を浮き彫りにしていく。主人公・社本には、数多くのテレビや映画に出演し、ソロパフォーマーとしても活躍している吹越満。<モンスター>村田とその妻・愛子をでんでんと黒沢あすかが怪演する。

監督:園子温、出演:吹越満,でんでん,黒沢あすか