シラノ・ド・ベルジュラック

ケヴィン・クライン主演 ブロードウェイ再演版をスクリーン上映

シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

2007年 アメリカ 141分

配給:

松竹

ジャンル:

舞台・演劇

公開日:2020-03-13

2020年3月13日(金)より東劇(東京)他全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年ではあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とうとう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう…

1897年に初演されたエドモン・ロスタンによる戯曲で、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演された『シラノ・ド・ベルジュラック』をスクリーン上映。17世紀中頃のフランス・パリを舞台に、剣豪作家シラノの生死を賭けたロマンチックかつ悲恋物語。演出は、トニー賞作品『NINE』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』のデヴィッド・ルヴォー。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じ、相手役ロクサーヌにジェニファー・ガーナー、シラノに助けられる若者クリスチャンを『プラダを着た悪魔』のダニエル・サンジャタが演じる。「松竹ブロードウェイシネマ」第四弾。

監督:、出演:ケヴィン・クライン,ジェニファー・ガーナー,ダニエル・サンジャタ

予告編・特報