ダラス・バイヤーズクラブ

米国内で初めてHIV薬の認可を求め、独自の販売組織を作った男の実話を映画化

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

ダラス・バイヤーズクラブ

DALLAS BUYERS CLUB 2011年 アメリカ 117分

配給:

ファインフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-02-22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1985年、多くの異性と交渉していたロデオカウボーイのロン(M.マコノヒー)はHIV陽性、余命30日を宣告される。エイズの猛勉強を始めた彼は、米国の承認薬が少ないことを知り、代替薬を求めて向かったメキシコで、米国への密輸を思いつく。偶然に出会ったトランスセクシャルのレイヨン(J.レト)とともに闇の販売組織「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。メンバーは月額会費を支払う事により新しい薬を手に入れることができ、そこで生きる希望を与えられた。ロンの草分け的なアングラ組織は急激に勢いづく。顧客によって拡大したコミュニティーを背景に、ロンは特効薬を求め世界中を飛び歩き、政府と医療業界に挑んでゆくが…。

米国内で初めてHIV薬の認可を求め、独自の販売組織を作った男の実話を映画化。主人公・ロン役のマシュー・マコノヒーと、その相棒でトランスセクシャルのレイヨンを演じたジャレッド・レトが合わせて40kgの減量に挑み、HIV患者を熱演。ゴールデングローブ賞、ニューヨーク映画批評家協会賞をはじめとした各賞を賑わせた。ほかに、『バレンタインデー』『JUNO/ジュノ』のジェニファー・ガーナーや、ダラス・ロバーツ、グリフィン・ダンが脇を固める。監督は、『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャン=マルク・ヴァレ。

監督:ジャン=マルク・ヴァレ、出演:マシュー・マコノヒー,ジャレッド・レト,ジェニファー・ガーナー