猿の惑星 新世紀(ライジング)

SF名作『猿の惑星』の前日譚を描いた『創世記』の続編

猿の惑星 新世紀(ライジング)

猿の惑星 新世紀(ライジング)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

ドラマ/SF

公開日:2014-09-19

2014年9月19日(金)全国ロードショー<2D/3D(一部劇場を除く)>

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

天性のリーダーシップを備えた猿のシーザー(A.サーキス)が、仲間を率いて人類への反乱を起こしてから10年後。より勢力を拡大し、手話と言語を操る猿たちは、森の奥に文明的なコロニーを築いていた。一方、人類のわずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の一角に身を潜め、希望なき日々を過ごしていた。そんなある日、人間たちがエネルギーの資源を求めて猿のテリトリーに足を踏み入れたことから、一触即発の事態が勃発。シーザーと生存者グループの穏健派マルコム(J.クラーク)は和解の道を探るが、憎しみを抑えられない両陣営の対立は激化していく。共存か、それとも闘いか。破滅的な最終決戦へのカウントダウンが刻まれるなか、シーザーは生き残るための重大な決断を迫られていくのだった……。

高度な知性を持つ猿たちによる人類への反乱を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後を舞台に、勢力を拡大し巨大なコミュニティを築き上げていた猿と、絶滅の危機に瀕した人類が再び衝突、“共存”か“対立”かを迫られる。前作に続いてシーザーを演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアンディ・サーキス。ほかに『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラーク、『裏切りのサーカス』のゲイリー・オールドマン、『M:i:III』のケリー・ラッセルが出演。監督は、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。

監督:マット・リーヴス、出演:アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン