台北セブンラブ

デザイン事務所を舞台に、台北の若者の“今”と恋愛模様を生々しく描いたドラマ

台北セブンラブ

台北セブンラブ

相愛的七種設計 DESIGN 7 LOVE 2014年 台湾 116分

配給:

台湾映画社

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.taipei7love.com

公開日:2019-05-25

2019年5月25日(土)よりアップリンク吉祥寺・大阪第七藝術劇場ほかにて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2014年、台北市は<2016年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていた。ドロシー(アン・シュー)はかつての恋人バーズ(モー・ズーイー)に誘われ、上海を離れ台北のデザイン事務所で働くことになり、進行中のデザインホテルの改装プロジェクトに加わる。ドロシーへの想いを断ち切れないバーズとクライアントのマークに迫られるが、フランスにいる元恋人を忘れられない。同僚は個性の強い人間ばかりだが、皆愛に飢えている。ホテルのデザインテーマは“愛”に決まるが、果たして無事“愛”はデザインできるのか。ドロシーが最終的に手に入れるのは、誰の愛なのか。

CM・MV監督としても知られ、現代台北を撮り続けるチェン・ホンイー監督による長編第三作目。デザイン事務所を舞台に、台北の若者の“今”と恋愛模様を生々しく描き出す。第51回金馬奨で最優秀新人賞と最優秀視覚効果賞にノミネートされ、第48回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞。キャストには『目撃者 闇の中の瞳』のアン・シュー、『台北に舞う雪』のモー・ズーイー、『ブラインド・マッサージ』のホアン・ルー、『私の少女時代-OUR TIMES-』のダレン・ワン、『あの頃、君を追いかけた』のチウ・イェンシャンら台湾を代表する役者陣が集結した。

監督:チェン・ホンイー、出演:アン・シュー,モー・ズーイー,ホアン・ルー

予告編・特報