名探偵ピカチュウ

日本で誕生し世界中で絶大な人気を誇る「ポケモン」をハリウッドが実写映画化

名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ

POKÉMON DETECTIVE PIKACHU 2019年 アメリカ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-05-03

2019年5月3日(金)日本先行公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった――」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった…。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは?ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

2016年に任天堂より発売された、同名のニンテンドー3DS用ゲームソフトをベースに、ハリウッドが映画化。人間とポケモンが共存する街・ライムシティを舞台に、青年ティムが、かつてティムの父親でハリーの相棒だった自称”名探偵”のピカチュウとともに、失踪したハリーを探しに大事件へと立ち向かうミステリーアドベンチャー。名探偵ピカチュウの声を『デッドプール』のライアン・レイノルズが務め、相棒のティム役を『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャスティス・スミス、ヒロイン・ルーシー役にキャスリン・ニュートン、かつてのハリーの同僚役で渡辺謙も出演。また日本語吹き替えでは、ティム役に竹内涼真、ルーシー役を飯豊まりえが担当する。

監督:ロブ・レターマン、出演:ジャスティス・スミス,キャスリン・ニュートン,渡辺謙

予告編・特報