ダイ・ハード ラスト・デイ

B.ウィリス主演人気シリーズ第5弾。“世界一不運な親子”が魅せるアクション超大作

ダイ・ハード ラスト・デイ

ダイ・ハード ラスト・デイ

A GOOD DAY TO DIE HARD 2013年 アメリカ

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

アクション

公開日:2013-02-14

2013年2月14日(木) TOHOシネマズ日劇他 全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーン(B.ウィリス)が、ボヤキ交じりにモスクワの地に降り立った。この国で警察沙汰のトラブルを起こし、ある裁判に証人として出廷する息子ジャック(J.コートニー)を引き取りにきたのだ。現地到着早々に壊滅的なテロに見舞われたマクレーンは、またもや想像を絶する激闘に身を投じるはめになってしまう。さらに、反抗的な態度を隠さないジャックは、父親のDNAを受け継いだ“ツイてない”青年。危機対応能力も一切不明のジャックとバディを組むことになったマクレーンは、言葉も土地勘も通用しない異国の地で、シリーズ最大の危機に立ち向かう…。

ブルース・ウィリス主演。ニューヨーク市警察の不死身刑事、ジョン・マクレーンの活躍を描いた人気シリーズ第5弾。過去4度もアメリカ国内のテロ事件を解決に導いてきたマクレーンが初めて“海外”進出し、ロシアの首都モスクワで未体験の大事件に巻き込まれる。今作では、疎遠になっていた一人息子ジャックが登場し、父親譲りの運の悪さを発揮。ジャックを演じるのはTVシリーズ「スパルタカス」のウァロ役で脚光を浴び、トム・クルーズ主演『アウトロー』でも主要キャストに抜擢された若手注目株ジェイ・コートニー。『マックス・ペイン』などのシャープなアクション演出に定評あるジョン・ムーア監督が、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のスキップ・ウッズが手がけた脚本を映像化し、怒濤のスペクタクルを創出する。

監督:ジョン・ムーア、出演:ブルース・ウィリス,ジェイ・コートニー