ゲキ×シネ 髑髏城の七人

小栗旬×森山未來共演。≪劇団☆新感線≫による《ゲキ×シネ》シリーズ第10作目

ゲキ×シネ 髑髏城の七人

ゲキ×シネ 髑髏城の七人

2012年 日本

配給:

ヴィレッヂ/ティ・ジョイ/プレシディオ

ジャンル:

舞台・演劇

公式サイト:

http://dokuro-jo.com

公開日:2013-01-12

2013年1月12日(土)より全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

天正十八年。織田信長亡き後、天下統一は豊臣秀吉によってなされようとしていた。しかしそれに抗う一人の男が関東に存在した。それは、漆黒の髑髏城に潜む武装集団≪関東髑髏党≫を束ね、自らを天魔王と名乗る、かつて信長に仕えた男であった。血を流すことを厭わず、もはや狂人と化した天魔王(森山)率いる関東髑髏党に追われていた女を、行きがかりから助けた捨之介(小栗)は、女を匿ってくれるという色里で無界屋蘭兵衛(早乙女)に出会う。奇妙な縁に操られ、関東に集まり始める者たち。捨之介と蘭兵衛が共に抱える過去、そして天魔王とのつながりが明らかになる時、天魔王の悪しき野望も明らかになろうとしていた。全てを覚悟した捨之介は天魔王を止めるため、たった七人で、二万の兵で固められた髑髏城を攻め落とすことを決意するのだった。

≪劇団☆新感線≫による《ゲキ×シネ》シリーズ第10作目。主人公・捨之介に小栗旬、敵役・天魔王に森山未來のほか、早乙女太一、小池栄子、勝地涼、仲里依紗をはじめとする豪華キャストが集結。戦国の乱世で迷い傷つきながらも信じるもののため戦い続ける姿を、ド派手なアクションシーンを交えながらドラマティックに描き出す。

監督:、出演:小栗旬,森山未來,早乙女太一