毒戦 BELIEVER

ジョニー・トー『ドラッグ・ウォー 毒戦』を韓国で映画化した傑作ノワール

毒戦 BELIEVER

毒戦 BELIEVER

BELIEVER 2018年 韓国 124分

配給:

ギャガ・プラス

ジャンル:

サスペンス

公式サイト:

https://gaga.ne.jp/dokusen/

公開日:2019-10-04

2019年10月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

巨大麻薬組織に君臨し、その悪名を轟かせているにも関わらず、誰ひとり本名も経歴も、顔さえ知らない麻薬王“イ先生”。麻薬取締局のウォノ刑事(チョ・ジヌン)は、組織壊滅のため長年イ先生を追っているが、いまだにその尻尾すら掴めない。ある日、麻薬製造工場が爆破され、事故現場から一人の生存者・ラク(リュ・ジュンヨル)が発見される。ウォノ刑事は組織に見捨てられたという青年・ラクと手を組み、大胆かつ危険極まりない筋書きによる、組織への潜入捜査を決意する。そこは麻薬に魅入られた狂人たちの巣窟だった――。

韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえ初登場第1位を記録し、観客動員数500万人を突破した傑作ノワール。オリジナルは、巨匠ジョニー・トー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)。息もできない銃撃戦による重厚なアクションは受け継ぎつつも、『お嬢さん』『親切なクムジャさん』の脚本家が手掛ける大胆な脚色により映像はスタイリッシュに進化。さらに『お嬢さん』のチョ・ジヌン、『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨル、本作が遺作となったというキム・ジュヒョクなど韓国最高峰の演技派クセ者俳優陣が集結する。

監督:イ・ヘヨン、出演:チョ・ジヌン,リュ・ジュンヨル,キム・ジュヒョク

予告編・特報