曇天に笑う 外伝 桜華、天望の架橋

唐々煙原作の歴史浪漫群像活劇を全3部作で劇場アニメ化 後篇

曇天に笑う 外伝 桜華、天望の架橋

曇天に笑う 外伝 桜華、天望の架橋

2018年 日本 60分

監督:

若野哲也

配給:

松竹メディア事業部

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://donten-anime.jp/

公開日:2018-09-01

2018年9月1日(土)2週間限定劇場上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

長男、天火が大津を離れ、空丸と宙太郎が家名を継ぐ重さを実感し始めた頃。鍛錬に励む空丸と武田を、尋常ならざる何者かが襲撃する。男の力と身のこなし、そして笑い方は、天火とどこか似ていた。しかも、その体には大蛇(オロチ)の鱗が……。男の手がかりを追うなかで、思わぬ秘密を知る空丸たち。そんな彼らの前に、蒼世と鷹峯が立ちはだかる。政府への膨らむ疑念。去来する過去。互いの譲れない思いがぶつかり合う。そして空丸は知る。あの男もまた、かつての自分と同じだということに――。

いまだ世が混沌とする明治の動乱期。宿命の戦いに臨む若者たちの葛藤や絆を描いた人気コミック「曇天に笑う〈外伝〉」(唐々煙作・マッグガーデン刊)。読者の涙を誘ったこの物語を、全3部作の劇場アニメとして映像化。曇三兄弟の長男・天火の秘めたる過去を描いた前篇「~決別、犲の誓い~」、天火の親友・白子が背負う思いを描いた「〜宿命、双頭の風魔〜」に続く本作では、曇三兄弟の次男・空丸と三男・宙太郎が、兄の存在と己を乗り越えていく、戦いと成長のドラマが描かれる。映像化を担うのはアニメ『進撃の巨人』『魔法使いの嫁』で知られるWIT STUDIO。また中村悠一をはじめ、梶裕貴、代永翼、鳥海浩輔、櫻井孝宏、遊佐浩二ら、豪華声優陣の熱演も大きな見どころ。

監督:若野哲也、出演:中村悠一,梶裕貴,代永翼

予告編・特報