冬時間のパリ

パリの出版業界を舞台に<本、人生、愛>をテーマに描く大人達のラブストーリー

冬時間のパリ

冬時間のパリ

DOUBLES VIES 2018年 フランス 107分

配給:

トランスフォーマー

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-12-20

2019年12月20日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようと努力していた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、彼の作風を古臭いと感じているアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だった。そもそも最近、二人の仲は上手くいっていない。アランは年下のデジタル担当と不倫中で、セレナの方もレオナールの妻で政治家秘書のヴァレリーには内緒で彼と秘密の関係を結んでいる。時の流れと共に、変わりゆくもの、変わらないもの――それは何? 

『アクトレス 女たちの舞台』『パーソナル・ショッパー』のオリヴィエ・アサイヤス監督が、エリック・ロメールの『木と市長と文化会館』に着想を得て描いた、迷える大人達のラブストーリー。魅力的な冬のパリを背景に、二組の夫婦の愛の行方と紙からデジタルへと移り行く出版業界の今を巧みに共鳴させつつ、洗練された会話とユーモアで活写していく。出演は、ジュリエット・ビノシュや、ギョーム・カネ、『女っ気なし』のヴァンサン・マケーニュ、人気コメディエンヌのノラ・ハムザウィ。ほかに『木と市長と文化会館』で主演を務めたパスカル・グレゴリーが、思わずニヤリとさせられる役どころで出演する。

監督:オリヴィエ・アサイヤス、出演:ジュリエット・ビノシュ,ギョーム・カネ,ヴァンサン・マケーニュ

予告編・特報