どうしようもない恋の唄

草凪優の同名小説を映画化、どん底の男と女が織りなすエロティック・ラブストーリー

どうしようもない恋の唄

どうしようもない恋の唄

2018年 日本 96分

配給:

クロックワークス

ジャンル:

ドラマ/エロティック

公開日:2018-08-04

2018年8月4日(土)より シネマート新宿、シネマート心斎橋 にてレイトショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

これが人生最期のセックス、のはずだったー。事業に失敗し妻にも捨てられ、死に場所を求めて迷い込んだ場末の町。矢代光敏は、そこで出会ったソープ嬢のヒナに拾われる。危ういほどに純真で無防備なヒナの明るさと、その肉体に溺れるうち、矢代はいつしか生きる希望を見出してゆく。事業を再開し、なんとか今の生活から抜け出そうと決意する矢代だったが、その先には思いもよらない落とし穴が待ち受けていた。どうしようもない男と女が七転八倒の末にたどり着く愛の結末とは…。

「男が泣ける!」などと話題を呼び「この官能文庫がすごい2010」で大賞を受賞した、草凪優による同名小説を映画化。主人公・矢代を演じるのは、『ケンとカズ』のカトウシンスケ。彼と運命的な出会いを果たすソープ嬢・ヒナには藤崎里菜。本作では、数多くの濡れ場にも果敢に挑み、堂々たる映画デビューを飾る。また共演に『ビジランテ』の間宮夕貴、榊英雄、佐々木心音など豪華キャストが集結。どん底から這い上がろうともがく、どうしようもない男と女の「命懸けの恋」を華やかに彩る。

監督:西海謙一郎、出演:カトウシンスケ,藤崎里菜,間宮夕貴

予告編・特報