ドヴラートフ レニングラードの作家たち

現代ロシアの伝説的作家セルゲイ・ドヴラートフの人生における6日間を追ったドラマ

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

DOVLATOV 2018年 ロシア 126分

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://dovlatov.net/

公開日:2020-06-20

2020年6月20日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ソビエトで活動するロシア人作家ドヴラートフは、友人であった詩人ブロツキーとともに、自分たちの才能を誇り、世間に発表する機会を得るために闘うが、政府からの抑圧によりその才能をつぶされていく。彼らはすべてをかなぐり捨て、移民としてニューヨークへと亡命する。厳しい環境下であえぎつつも、精彩を放ち続けたドヴラートフの人生における郷愁と希望の狭間で格闘した究極の6日間を追った。

厳しい環境下であえぎつつも、精彩を放ち続けた作家・ドヴラートフの人生における6日間を追ったドラマ。監督は、『神々のたそがれ』アレクセイ・ゲルマンを父に持つ、アレクセイ・ゲルマン・ジュニア。ベルリン映画祭にて芸術貢献賞で銀熊賞を、ベルリーナー・モルゲンポスト紙読者賞を受賞。劇中では街並みやインテリア、ファッションから小物に至るまで徹底した再現でブレジネフ時代の光と闇をリアルに描き出している。ドヴラートフ役はセルビア人俳優ミラン・マリッチ。ほかに『ヴァンパイア・アカデミー』のダニーラ・コズロフスキー、『裏切りのサーカス』『ウルヴァリン: SAMURAI』のスヴェトラーナ・ホドチェンコワ、『裁かれるは善人のみ』のエレナ・リャドワなどロシア国内外で活躍する実力派俳優が脇を固める。

監督:アレクセイ・ゲルマン・ジュニア、出演:ミラン・マリッチ,ダニーラ・コズロフスキー,スヴェトラーナ・コドチェンコワ

予告編・特報