ドロステのはてで僕ら

劇団ヨーロッパ企画初の長編映画 2分先の未来が見える“タイムテレビ”を巡る騒動

ドロステのはてで僕ら

ドロステのはてで僕ら

2020年 日本 70分

監督:

山口淳太

配給:

トリウッド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2020-06-05

2020年6月5日(金)より京都シネマにて

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

とある雑居ビルの2階。カトウがギターを弾こうとしていると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。「オレは、未来のオレ。2分後のオレ」。 どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。 “タイムテレビ”の存在を知り、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連た ち。さらに隣人の理容師メグミや5階に事務所を構えるヤミ金業者、カフェに訪れた謎の2人組も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく……。 襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは。

京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画が、劇団として初めて取り組むオリジナル長編映画。雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える“タイムテレビ”を巡る騒動を描いた“エクストリーム時間SF”。原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『前田建設ファンタジー営業部』)。監督は、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子、そして『かぐや姫の物語』『四月の永い夢』などで知られる、若手実力派・朝倉あきが参加する。

監督:山口淳太、出演:土佐和成,藤谷理子,石田剛太

予告編・特報