素敵なダイナマイトスキャンダル

稀代の雑誌編集の実話を元に描いた《笑いと狂乱》の青春グラフィティ

素敵なダイナマイトスキャンダル [DVD]

素敵なダイナマイトスキャンダル

2018年 日本 138分

監督:

冨永昌敬

配給:

東京テアトル

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://dynamitemovie.jp

公開日:2018-03-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。

「写真時代」、「NEW self」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭の自伝的エッセイを映画化。7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、昭和のサブカルチャー界を牽引し、伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティ。主人公・末井昭を演じるのは柄本佑。若き日の末井と恋に落ち、不遇の時代を支えた妻・牧子を前田敦子。編集長となった末井の前に現れた魅惑的な愛人・笛子を三浦透子。末井の人生に大きな影響を与える爆発する母・富子に尾野真千子。ほかに峯田和伸、松重豊、村上淳が脇を固める。監督は『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬。

監督:冨永昌敬、出演:柄本佑,前田敦子,三浦透子

予告編・特報