えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜

福井県「えちぜん鉄道」を舞台に、新人アテンダントの奮闘を描いたドラマ

えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜

えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜

2018年 日本

監督:

児玉宜久

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-11-23

2018年11月3日(土)福井県先行ロードショー、11月23日(金・祝)有楽町スバル座ほか、全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな時、友人の結婚式に出席するため、故郷の福井県へ帰郷。披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。そして、血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だというわだかまりを抱き続けて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く一方、整備士の南部がいづみの心のオアシスに。そんな中、列車内である事件が起きる。その時、いづみがとった行動は──。人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆を取り戻せるのか───?

半年に二度の事故を起こしてしまい運行停止になってしまった京福電鉄が、2003年に住民の声で“えちぜん鉄道”として復活した実話と、えちぜん鉄道開業時からアテンダントとして勤務しているチーフの嶋田郁美がその仕事の様子や営業再開までの道のりを綴ったノンフィクション本「ローカル線ガールズ」にヒントを得て制作された感動ドラマ。廃線から再出発を果たした“えちぜん鉄道”で、一人の女性が家族と人生の再出発を果たす姿を描く。東京からふるさとにUターンする主人公・いづみ役に、今作で映画初主演を果たしたお笑いタレントの横澤夏子。血の繋がらない兄役には緒形直人。さらに、笹野高史、松原智恵子らが脇を固める。

監督:児玉宜久、出演:横澤夏子,萩原みのり,山崎銀之丞

予告編・特報