エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

SNS時代に生きる少女のリアルな葛藤や恋、成長を描いた青春ドラマ

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

EIGHTH GRADE 2018年 アメリカ 93分

配給:

トランスフォーマー

ジャンル:

ドラマ/青春

公開日:2019-09-20

2019年9月20日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

中学校生活の最後の一週間を迎えたケイラは、「学年で最も無口な子」に選ばれてしまう。不器用な自分を変えようと、SNSを駆使してクラスメイト達と繋がろうとする彼女だったが、いくつもの壁が立ちはだかる。人気者のケネディは冷たいし、好きな男の子にもどうやってアプローチして良いか分からない。お節介ばかりしてくるパパはウザイし、待ち受ける高校生活も不安でいっぱいだ。中学卒業を前に、憧れの男子や、クラスで人気者の女子たちに近づこうと頑張るが…。

中学校卒業を1週間後に控えた、クラスで目立たない一人の少女ケイラを主人公に、「デジタルネイティブ」な世代のリアルな葛藤や恋、父親とのめんどくさい関係、そして成長の物語を可笑しく痛烈に、そして優しく描く感動作。メガホンを取ったのは、Youtuber出身という異色の経歴を持つ俳優・コメディアンで、本作が初監督作品となる、ボー・バーナム。彼の青春時代の実際の経験をもとにした本作の企画が『レディ・バード』などを手がけた製作陣の目に止まり、映画化が実現した。主人公ケイラを演じるのは『怪盗グルーのミニオン危機一発』で声優を務めたエルシー・フィッシャー。2018年のサンダンス映画祭で大喝采を浴び、各国の映画祭で数々の賞を受賞、公開4館からわずか3週間で1084館に急拡大する大ヒットを遂げた。

監督:ボー・バーナム、出演:エルシー・フィッシャー,ジョシュ・ハミルトン,エミリー・ロビンソン

予告編・特報