駅までの道をおしえて

愛犬の帰りを待ち続ける少女と、息子との再会を願う老人の交流を描いたドラマ

駅までの道をおしえて

駅までの道をおしえて

2019年

監督:

橋本直樹

配給:

キュー・テック

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

https://ekimadenomichi.com/

公開日:2019-10-18

2019年10月18日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

8歳になるサヤカ(新津)は、大好きだった愛犬ルーの帰りを今も待っている。周りの大人たちはもう戻ってこないというけれど、サヤカは信じることができない。ある夏のはじめ、サヤカは1匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ(笈田)と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない2人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく――。

「大人の流儀」シリーズで知られる直木賞作家・伊集院静原作、お互いに大切な存在を亡くした少女と老人の心あたたまる交流を描いた同名小説「駅までの道をおしえて」(講談社文庫)を映画化。主人公サヤカ役には、『3月のライオン』の新津ちせ。サヤカの友人となる老人・フセ役に笈田ヨシ。その他、サヤカの両親役に坂井真紀と滝藤賢一、伯父夫婦にマキタスポーツと羽田美智子、祖父母に塩見三省と市毛良枝、さらに医療関係者に柄本明と余貴美子が扮し、あたたかくヒロインを見守る。また10年後のサヤカ役を有村架純がモノローグで演じる。

監督:橋本直樹、出演:新津ちせ,有村架純,坂井真紀

予告編・特報