ヒトラー暗殺、13分の誤算

平凡な家具職人が単独で企てた“ヒトラー暗殺計画”を巡る衝撃実話

ヒトラー暗殺、13分の誤算

ヒトラー暗殺、13分の誤算

2015年 ドイツ

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-10-16

2015年10月16日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる…。

ドイツで長らく封印されてきた、ヒトラー暗殺をたった一人で企てた平凡な家具職人ゲオルク・エルザーの半生を描いたドラマ。監督は、『ヒトラー ~最期の12日間~』で“人間、ヒトラー”を描き、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた名匠オリヴァー・ヒルシュビーゲル。ライフワークとしてナチスを描くと明言するヒルシュビーゲル監督が、ヒトラーがもっとも恐れた“平凡な男”の知られざる真実を明らかにする。

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル、出演:クリスティアン・フリーデル,カタリーナ・シュットラー,ブルクハルト・クラウスナー