榎田貿易堂

渋川清彦主演、群馬県を舞台に人生の再出発を描く群像劇コメディ

榎田貿易堂

榎田貿易堂

2017年 110分

監督:

飯塚健

配給:

アルゴ・ピクチャーズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-06-09

2018年6月9日 ( 土 ) より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

店主の榎田洋二郎が“何となく、勘で”ふらふらと始めたリサイクルショップ・榎田貿易堂。「扱う品はゴミ以外。何でも来いが信条さ」という店主のもとには、店同様に様々な人間が集う。夫婦仲に悩む従業員・千秋、対人関係に問題を抱える同じく従業員・清春、よく店に油を売りに来る終活中の客・ヨーコに、一時的に帰省して実家の旅館を手伝っている、自称スーパーチーフ助監督・丈。ある夏の日のこと、いつものように彼らが集う中、店の看板の一部が落下する。「これ予兆だよ。何か凄いことが、起きる予兆」と言う洋二郎の言葉通り、それぞれの抱える悩みや問題が、その日を境に動き出す……。

群馬県渋川市出身の俳優・渋川清彦と監督・飯塚健がタッグを組み、群馬を舞台に、人生を再出発させようとする人々を描いたヒューマンコメディ。主人公の榎田洋二郎に『お盆の弟』『下衆の愛』の渋川清彦。従業員の千秋に『超能力研究部の3人』『獣道』の伊藤沙莉、清春に『エミアビのはじまりとはじまり』の森岡龍。他に、余貴美子、滝藤賢一、片岡礼子、根岸季衣など演技派が脇を固める。監督は『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』『笑う招き猫』の飯塚健。

監督:飯塚健、出演:渋川清彦,森岡龍,伊藤沙莉

予告編・特報