エンテベ空港の7日間

1976年に起きたハイジャック事件の裏側を描くヒューマン・サスペンス

エンテベ空港の7日間

エンテベ空港の7日間

ENTEBBE 2018年 アメリカ/イギリス 107分

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://entebbe.jp/

公開日:2019-10-04

2019年10月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1976年、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が乗っ取られ、ハイジャック犯は500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求。多数の自国民を人質にとられたイスラエル首相は、交渉の道を探りつつも態度を保留。交渉に反対する国防大臣は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていく…。

1976年に起きたハイジャック事件とイスラエル国防軍による奇跡的な人質救出作戦「エンテベ空港奇襲作戦(=サンダーボルト作戦)」の知られざる裏側を描くポリティカル・ヒューマン・サスペンス。ハイジャック犯を演じるのは、『荒野の誓い』『プライベート・ウォー』のロザムンド・パイクと、『ラッシュ/プライドと友情』のダニエル・ブリュール。ほかにリオル・アシュケナージ、エディ・マーサンなどが脇をかためる。監督は、ベルリン映画祭金熊賞受賞の『エリート・スクワッド』や、リメイク版『ロボコップ』、Netflix『ナルコス』などで知られる社会派監督ジョゼ・パジーリャ。

監督:ジョゼ・パジーリャ、出演:ロザムンド・パイク,ダニエル・ブリュール,エディ・マーサン

予告編・特報