あさがくるまえに

心臓移植という“命のやりとり”に直面した人々の心の揺れや葛藤を描いたドラマ

あさがくるまえに

あさがくるまえに

RÉPARER LES VIVANTS 2016年 フランス/ベルギー 104分

配給:

リアリーライクフィルムズ/コピアポア・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-09-16

2017年9月16日、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止められないでいた。医師はシモンが蘇生する可能性は無いことを伝え、移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている‥。

フランスで2003年に出版されたメイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説を映画化。心臓移植という“命のやりとり”に直面した家族、恋人たち、医者たちの心の揺れや葛藤を描いたヒューマンドラマ。出演は、『ダゲレオタイプの女』のタハール・ラヒム、『毛皮のヴィーナス』のエマニュエル・セニエ、『Mommy/マミー』のアンヌ・ドルヴァルらヨーロッパを代表する実力派キャストたち。監督は、フランス映画界期待の新鋭として注目される女性監督カテル・キレヴェレ。

監督:カテル・キレヴェレ、出演:タハール・ラヒム,エマニュエル・セニエ,アンヌ・ドルヴァル

予告編・特報